ローヤルゼリーってなに?が分る健康食品の話

ローヤルゼリーとは羽化してから1週間ほどの働き蜂が作り出す栄養素のことをいいます。
働き蜂は蜜や花粉を食し、これらを体内の酵素で分解し、ローヤルゼリーを生成します。
そして、このローヤルゼリーは女王蜂のみが食べることを許される特別食であるとのことです。
女王蜂は、誕生した幼虫から1匹のみが選ばれ、特別食を食べさせてもらいながら育っていきます。
特別食であるローヤルゼリーに含まれている成分や種類についてはこちらのサイトを参考にしてください。

働き蜂の寿命はたったの1ヶ月程度ですが、特別食で育てられた女王蜂は、寿命が2〜5年と非常に長くなります。
それに、女王蜂の体長も他の働き蜂の3倍程度の大きさになるとのことです。
女王蜂といっても、ほかの働き蜂と同じハチであるため、もともと生命力や体長が大きく異なるはずはないと言われています。
女王蜂はローヤルゼリーを食べて育つのに対し、働き蜂は、ハチミツや花粉を与えられて育っていきます。

そのため、食べ物の違い、つまり、ローヤルゼリーの栄養素のおかげで女王蜂は生命力が強くなるのではないかと考えられています。
そして、ローヤルゼリーの健康効果が注目されるようになったのです。
ローヤルゼリーには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。
そのため、幼虫のうちからローヤルゼリーを食べている女王蜂は、栄養素をたっぷり摂取しながら成長することができるのです。
そんなローヤルゼリーに副作用はあるのでしょうか?
生ローヤルゼリーサプリメントの効果効能と副作用についてのサイトにかいてありますのでご覧ください。

ところで、ローヤルゼリーとハチミツはどう違うのか、と疑問を持つ方もいるでしょう。
働きバチが、ハチミツの花粉を食し、下咽頭線と大顎線から生成される物質と混ぜることでローヤルゼリーを作り出します。
ローヤルゼリーは、ミツと花粉を消化吸収したうえで、再構成する蜂のお乳と言われています。
一方、ハチミツは高齢の働きバチが、体内に溜めて濃縮したミツを、若手の働きバチに口移しをし、その若手の蜂が下咽頭線から酵素を分泌し、花粉を加えて合成するものです。
ハチミツとは、ミツに酵素を加え、凝縮した物質に花粉が混ざったもののことです。
こちらに更年期障害に効果的な生ローヤルゼリーサプリメントが紹介されていますので参考にしてください。

Copyright (C) 高い健康効果 All Rights Reserved.