画像
画像
画像
画像

必見!ローヤルゼリー 注意点

ローヤルゼリーは、医薬品ではないため、副作用というものはありません。
しかし、ローヤルゼリーを摂取することでアレルギー反応が出やすい方はいます。
特に、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患を持っている方の場合、ローヤルゼリーを摂取することで、何らかのアレルギー反応を起こすことがあります。
なぜ、ローヤルゼリーでアレルギーを起こすのかというと、ローヤルゼリーは、天然の花粉と蜜から作られているからです。

ローヤルゼリーは働き蜂がさまざまな植物から花粉や蜜を集めて、体内で合成しているため、アレルゲンとなっている植物が含まれている可能性も高くなります。
特に、アトピーや喘息を持っている方は、アレルギー反応が強く出てしまうこともあります。
そのため、ローヤルゼリーを服用するにあたっては、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

もし、医師からOKの返事が出た場合は、少量からはじめてみて、特に問題がなければ、量を徐々に増やしていくと良いでしょう。
それから、ワルファリンカリウムを服用中の方は、ローヤルゼリーを摂取することで、ワルファリンカリウムの作用が強まってしまうことがありますので、注意が必要です。
ワルファリンカリウムは、血液の凝固を防ぐ薬で、血栓症などに用いられます。
ワルファリンカリウムとローヤルゼリーを併用すると、出血した際に血が止まりにくくなってしまいます。

そのため、ワルファリンカリウムを服用している方は、ローヤルゼリーは飲まない方が良いでしょう。
その他、薬を服用している方は、医師に相談したうえで、ローヤルゼリーを服用してください。
また、体質的にローヤルゼリーが合わない方もいますので、ローヤルゼリーを飲んでから体調に異変があった場合は、念のため医師に相談してみることをおすすめします。
それから、ローヤルゼリーは、タンニンを含む飲料、例えば、紅茶やコーヒーなど、とは同時摂取しないでください。
というのは、ローヤルゼリーの鉄分がタンニンと結合すると、吸収率が悪くなるからです。