画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリー比較で注意したい幾つかの事

ローヤルゼリーの人気が高まるにつれて、様々な商品が開発されています。
ローヤルゼリーは、決して安価なものではないため、出来るだけ失敗の内容に慎重に選びたいものです。
そのため、ここではローヤルゼリー商品の比較のポイントについて紹介します。

・安全性を保証するマーク
安全性を重視するのであれば、「社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会」のマークが付与されている商品を選ぶことをお勧めします。
このマークは協会側で一定の水準を満たしていると判断した商品に付与するものであるため、このマークが付いている商品は安心して飲むことができます。
ただ、このマークがない商品が悪いというわけではありません。

・産地を比較
日本産のローヤルゼリーであれば、安心して摂取できるのですが、日本国内ではローヤルゼリーを生産することが難しく、外国から輸入されたものが多くなっています。
主に、中国、台湾、タイなどから輸入されたものが流通していますが、台湾産のものは安全性も高く、安心して摂取できます。

・デセン酸の含有量を比較
ローヤルゼリーを購入する際には、デセン酸の含有量を比較することも大切です。
デセン酸は、ローヤルゼリー独自の成分で、このデセン酸の含有量がローヤルゼリーの品質を決めます。
このデセン酸の含有量については、生ローヤルゼリーの場合、1.60%以上、乾燥タイプで3.85%以上、調整タイプのものでは0.21%以上のものが推奨されています。
価格が安くてもデセン酸が少なければ、効果がないので無駄になってしまいます。
また、高ければ、デセン酸がたっぷり配合されているというわけではありません。
そのため、デセン酸の量の割に、価格が良心的なものを探すようにしてください。

・ローヤルゼリーのタイプを比較
鮮度で選ぶなら、生ローヤルゼリーが一番です。
但し、生ローヤルゼリーは酸味が強く、飲みにくいという方も多くなっています。
また、メーカーによっては、管理が悪いために逆に鮮度が落ちている場合もあるので注意が必要です。
それから、調整タイプのものを購入する場合、成分表示をチェックし、添加物などが加えられていないものを選ぶようにしましょう。