画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーの味は特徴的

ローヤルゼリーはミツバチが作り出す物質であるため、ハチミツのように甘いものを想像している方もいるようです。
ローヤルゼリーは、ハチミツのように甘ったるい味ではなく、独特の酸味があることが特徴で、甘味は全くありません。
ローヤルゼリーと蜂蜜のちがいはこちらにかいてあります。
そのため、この味がどうしても苦手で、継続できないという方もたくさんいるようです。
お世辞にも美味しいとは言えませんが、食べられないほどまずいものではないという声もあります。

ローヤルゼリーは、味がどうこうというよりも身体にとって良い効果をもたらすため、「良薬は口に苦し」と心得ながら続けているようです。
いくらローヤルゼリーは健康のために良いとは言っても、まずいと思うものを長期間継続することは難しいでしょう。
もし、どうしてもローヤルゼリーの味が苦手であるというのであれば、粉末状のローヤルゼリーをおすすめします。
生のローヤルゼリーは効果が高そうに思えますが、実は保存の仕方が非常に難しいため、乾燥したものや調整したものが主流となっています。

生のローヤルゼリーを乾燥させ、水分を蒸発させたものが乾燥タイプのものです。
ローヤルゼリーは熱に弱いため、特殊製法により乾燥させますが、乾燥させることで、独特の酸味が緩和されて飲みやすくなります。
それから、調整タイプでは、ローヤルゼリーを飲みやすく加工していますので、独特の酸味が苦手な方はこのタイプを飲むと良いでしょう。
ただし、調整タイプのものは、生のものに比べて栄養価はどうしても劣ってしまいます。

もし、ローヤルゼリーの栄養素をしっかり取りいれたいのであれば、酸味がある生のものを摂取することをお勧めします。
ただし、初めてローヤルゼリーを摂取するという方は、調整タイプのものからはじめていくと良いかもしれません。
なお、ローヤルゼリーは花粉や花の蜜が原料となっているため、アトピー、喘息、アレルギー疾患がある方は体質的に合わないかもしれません。
そのため、ローヤルゼリーを摂取するにあたっては、主治医に相談すると良いでしょう。
lローヤルゼリー製品がいくつか紹介されているサイトがありますのでよかったらご覧ください。