画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーのメリットは未病予防と健康維持

未病とは、現時点では病気とは診断できないが、将来病気を発症する恐れがある状態のことを指します。
例えば、偏頭痛や腰痛、肩こりなどの症状が現れても原因が分からずに終わるもの、動脈硬化など徐々に症状が進行するものなどが未病として挙げられます。
このような状態を放置すると、病気を発症する可能性が高いため、早めに何らかの予防策を取らなければなりません。

ローヤルゼリーには、心身のバランスを整える作用があるため、未病を予防することができると言われています。
ローヤルゼリーには、「10-ハイドロキシデセン酸」という独特の成分が含まれており、この成分には、脳を活性化させ、ストレスを緩和する働きがあります。
また、ホルモンの分泌を促進し、免疫力も高める作用も持っているため、さまざまな病気を予防することができます。

その他、アセチルコチンという成分も含まれており、自律神経のバランスを整え、自律神経失調症を予防していきます。
ローヤルゼリーには疲労回復効果があるビタミンB群、身体のバランスを整えるミネラル類など、さまざまな栄養素が含まれています。
疲れが取れにくく、常に身体が重く感じるという場合、ローヤルゼリーを摂取することで改善できることもあります。

ローヤルゼリーを摂取することで、「病気が良くなった」という声も寄せられていますが、ローヤルゼリーは薬ではないため、病気を治す効果はありません。
たぶん、ローヤルゼリーに含まれる栄養素の効果により、身体が正常化され、さまざまな不調が解消されるのではないかと言われています。
ローヤルゼリーにはさまざまな健康維持効果がありますが、メンタル面の健康を維持するためにもお勧めの成分となっています。

精神的な疲れを感じている方、脳の老化を食い止めたい方、神経症などといった病気を予防したいという方なども、積極的にローヤルゼリーを摂取すると良いでしょう。
ローヤルゼリーは薬ではないため、誰でも摂取することができますが、アレルギー体質の方は、医師に相談のうえで服用することをお勧めします。