画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーの産地対決!国産VS外国産

ローヤルゼリーを選ぶにあたって産地は重要な要素となるでしょう。
ローヤルゼリーは鮮度が品質を左右するため、産地にはこだわりたいところです。
そのため、できれば国産品を入手したいと考えている方は多いようです。
国産のローヤルゼリーは安心して摂取できるのですが、日本国内の養蜂においては、十分な量のローヤルゼリーを提供できない状態です。

日本国内で流通しているローヤルゼリーの95%は輸入に頼っています。
国産のローヤルゼリーはかなり希少価値が高く、価格も高めとなっています。
現在、日本が最も多くローヤルゼリーを輸入しているのが中国で、次いで、台湾、タイと続きます。
その他、わずかな量ですが、オーストラリア、ニュージーランドからも輸入しています。

しかし、中国は汚染に関してかなり問題視されているため、ローヤルゼリーの品質そのものにも疑問を感じる方は多いでしょう。
ローヤルゼリーは生で摂取することが一番であるため、鮮度が高いことはもちろんですが、衛生環境の良いところで採取されたものが安心です。
外国産のものの中では、台湾のローヤルゼリーは安心して摂取することができます。
台湾は、冬も比較的温暖な気候で、自然が豊かな国であるため、花や花粉がたくさんあります。

このような環境下では、蜜蜂の活動も活発であるため、ローヤルゼリーの生産量も安定しています。
台湾では、ローヤルゼリーの衛生管理も徹底しており、ローヤルゼリーの鮮度を維持したまま保存することも可能となっています。
日本に比べて生産量が高いこともあり、高品質なローヤルゼリーを比較的安価な価格で提供しています。

また、台湾と日本は距離的にも近い関係にありますので、生もののローヤルゼリーを鮮度が落ちないうちに輸送することができます。
いくら高品質なローヤルゼリーでも遠い国から輸送すると、どうしても時間がかかってしまうため、鮮度は悪くなってしまいます。
やはり、ローヤルゼリーは近くの国から輸入することが一番です。

Main Menu

Recommend Items

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー
  • 八幡物産
    ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • ローヤルゼリー+メカブフコイダン
  • ミツバチの恵み とろり
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • 山田養蜂場RJスキンケア
  • エモリ―Rジェル