画像
画像
画像
画像

やっぱりあったローヤルゼリーの副作用報告

ローヤルゼリーは、独自の成分であるデセン酸をはじめ、アミノ酸、ビタミン類やミネラル類など、様々な栄養素がまんべんなく含まれています。
そのため、健康や美容に良い食品として、世界中の方が活用しています。
ローヤルゼリーは医薬品ではないため、副作用はないものとされています。

しかし、ローヤルゼリーで副作用が起きたという噂を耳にするので、実際のところどうなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
ローヤルゼリーで副作用が起こるケースがあるのか調べてみたところ
ローヤルゼリーは薬ではなく、あくまで健康食品であるため、副作用は起こりにくいとのことです。

ただし、食物アレルギーというものが存在する以上、ローヤルゼリーがアレルゲンとなってアレルギー症状を示す方もいるでしょう。
実際に、ローヤルゼリーを摂ったことで、目のかゆみ、充血、鼻づまり、咳などといった症状が現れることがあります。
特に、喘息やアトピーを持っている方はアレルギー反応が起きやすくなっていますので、注意が必要です。
また、体力が十分に備わっていない小さい子供もアレルギー反応が起きやすくなっています。

特に、小児喘息を持っている子供や、体力が備わっていない小さい子供には慎重に与えるようにしてください。
その他、ローヤルゼリーは蜂の体内で合成され、分泌される物質であるため、蜂アレルギーである方も慎重に摂取する必要があります。
それから、ローヤルゼリーは適量だけ摂取することが推奨されます。
ローヤルゼリーは健康食品であるため、1日の摂取量は厳格には決められていません。

ただ、どれだけ優れた成分で、どれだけ身体に良いものであっても、いきなり大量に摂取してしまうと、お腹がゆるくなり、軽い下痢などの症状が現れることがあります。
そのため、ローヤルゼリーを購入したら、1日の推奨摂取量を確認し、その量を摂取するようにしてください。
記載されている目安量を大幅に摂取することは避けるようにしましょう。
ローヤルゼリーを服用するときの注意点はこちらにかいてあります。