画像
画像
画像
画像

ローヤルゼリーは病人でも摂取していい?

ローヤルゼリーは無農薬の健康食品です。
ミツバチは、ほんの少量の農薬を摂取しただけでも、それが毒となり死んでしまいます。
そのため、農薬を浴びた花に近づくことはありません。
そのようなミツバチが作り出すローヤルゼリーは、栄養が豊富で安全性も高くなっています。

そのため、病気の方の栄養補給を目的としても活用されています。
ローヤルゼリーは天然の食品で、たんぱく質、糖質、脂質の三大栄養素をはじめ、ビタミン、ミネラル、全ての必須アミノ酸を含んでいます。
その他にも、ビタミンB群をはじめ、様々な栄養素が含まれているため、食事制限が課されている病気の方への栄養補給としては最適なのです。
ローヤルゼリーには、独自の成分「ハイドロキシデセン酸」が含まれており、体内の細胞や器官を活性化させ、免疫系を強くすることで身体を保護していきます。
したがって、病気で弱ってしまった身体の二次感染の予防にも有効です。

しかし、病気の状態によってはローヤルゼリーが飲めない、アレルギー反応を起こすという方もいます。
そのため、病気を持っている方は事前に医師に相談することをお勧めします。
例えば、ワーファリンなどを服用している場合、ローヤルゼリーがワーファリンの作用を弱めてしまいますので、ローヤルゼリーは避けた方が無難でしょう。
ワーファリンは、血液凝固阻止剤で、血液を固まりにくい除隊にすることで血行を促進します。
そのため、血栓症などに良く用いられています。

この場合、ローヤルゼリーを服用した時に、万が一出血した際に、血が止まりにくくなるという副作用があります。
そのため、ローヤルゼリーをワーファリンと一緒に飲む場合は医師に相談するようにしてください。
その他、病気や薬のタイプによって、飲み合わせの相性などがありますので、薬を服用している方はまずは医師に相談するようにしましょう。
それから、ローヤルゼリーは健康食品であるため、大きな副作用はありませんが、ローヤルゼリーによるアレルギー反応に注意してください。
特に、アトピー、喘息、花粉症などといったアレルギーを持っている方は、ローヤルゼリーは避けた方が賢明です。